貯金、節約

確実なお金の貯め方、節約方法(給与天引、スマホ代節約で投資資金をGET)の巻

更新日:

こんにちは。りょうのすけです。

このブログはWordPressで作成していますが、使い方等わからないことだらけで奮闘中です。少しずつ使いこなして見やすいブログにしていきたいと思います。

今回は私が実践したお金の貯め方をお伝えします。もともとマイホーム資金になればと思って貯めていたお金ですが、今は30代セミリタイアのための投資・運用資金に変わっています笑。ではどんな方法で貯めたのか、まとめてみました。

 お金を貯めるにはどうすればよいか

お金を増やすには下記の方法しかありません。

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす

宝くじが当たるとか資産を相続したとか例外的なことを除けば、この2つでしかお金を増やすことができません。

サラリーマンでいえば、収入を増やす=給料が上がれば良いということになります。でも現実そんなに上がりませんよね。サラリーマンである以上、給料をコントロールするのは自分でなく会社となるためコントロール不可能です。収入を増やすには会社に頼らず自ら稼ぐ必要があります。そのため私は2017年から収入を増やすことに取り組み始めました。しかし限られた時間の中でサラリーマンをしながら別の収入を増やすことは簡単なことではありません。

そこで重要なのは支出を減らすことです。収入と違い、支出はある程度自分でコントロールができるんです。というより現実的で即効性があるお金の貯め方は支出を減らすことしかないのです。そんな簡単に支出を減らせるか!と思われる方もいるかと思いますが、誰でもその気になればすぐできることもあります。下記に誰でもできる支出を減らす方法を書きたいと思います。私が実践したことですので、ぜひやっていない方はトライしてみてください。まずはとりあえずやってみることです。

 お金を手元に置かない

個人的に一番だと思っているの貯金方法、それは給与天引きです。私はサラリーマン7年目の時にセミリタイアに向け動き始めました。それまで会社の積み立てで貯金をしてきました。6年間の積み立て金額をまとめました。

 

積立額 ボーナス(夏) ボーナス(冬) 累計
1年目 3万円 0万円 5万円 41万円
2年目 3万円 5万円 5万円 87万円
3年目 5万円 10万円 10万円 167万円
4年目 5万円 10万円 10万円 247万円
5年目 7万円 15万円 15万円 327万円
6年目 7万円 15万円 15万円 417万円

自分でも驚きですが、計417万円貯めることができました。

30代の平均貯金額は300~400万円と見たことがあったので、平均+アルファくらいだと思います。しかし現実は貯金がほとんどない方もいるかと思います。

私の会社では積み立て制度があり、銀行に預けるよりも利息が高かったこともあり、積み立てを利用することにしました。普段も節約を意識してましたが、気付いたらこんなにも貯まっていたという感じです。天引きの最大のメリットは手元にお金がないということ。また積み立てのメリットは簡単に引き出せないこと。この2つが揃うことで強制的に使えるお金が減り、結果的に支出を減らすことができます。会社の積み立てがない方は金融機関の定期積立で良いと思います。いざという時には解約できますが、ATMから引き出すレベルではないので、きっと手を付けないでいられると思います。

 固定費を削る

もう1つ私が実践した効果的な支出を減らす方法は固定費を削ることでした。毎月の支出のうち金額が変動する支出はコントロールしにくいと思います。変動費としては食費や交際費、趣味の費用があると思いますが、変動費を減らす努力をしても、どこかで無理をしているのでなかなか続かないはずです。そこでまずは固定費を削ることを考えましょう。意外と簡単にできるんです。私が取り組んだアイテムをあげてみます。

  • 通信費(特にスマホ代)
  • 自動車

スマホ料金は3大キャリア(docomo、au、softbank)で契約するとおそらく月5000~8000円くらいでしょうか。年間6万~10万と大きな金額ですよね。私はIIJmioという格安スマホの契約をしています。データ量3GB+通話機能付で毎月2000円を切っています。最近では一般的になりつつありますが、私は2015年くらいから比較的早い時期に切り替えました。使用上何も不自由はありません。妻と合わせると(7000円-2000円)x 2人分 x 12か月で約6万円の節約です。大きいですよね。ちなみに今年になって両親の契約も私が全て見直してしまいました笑。

次に自動車です。私の住んでいる地域は車は生活・通勤上必須のため持たざるえませんが、公共交通機関が発達している地域は思い切って手放しみても面白いのではないでしょうか?私の場合は、手放しことは不可能だったので、乗る車をできるだけ安くしています。具体的には新車ではなく中古車にします。私は総額44万でトヨタのMR-Sという車を買いました。通勤+アルファで年間8000kmくらいは走るため、いい車を買ったって通勤だけで傷んでいくことを考えると新車はもったいないな!と思ったのです。もちろん新車を否定しているわけではありません。もちろん車が好きで、乗りたい車のためにお金を貯めている方もいると思いますし、私だってお金が有り余っていればランドクルーザー(新車で500万以上)に乗りたいですよ!誤解がないようにお願いしますね。

安い車に乗ることで自動車保険も安くなります。新車だと車両保険必須だと思いますが、安い中古車なら車両保険は付ける必要がないと思います。これも大きな節約ですね。こだわりがなければ軽自動車が一番です。車検や税金が普通自動車に比べてはるかに安いです。私はMR-Sがもしダメになれば、次は絶対に中古の軽自動車を購入します。

上記スマホ代+自動車代を見直せば年間数十万円の節約です。しかも変えてしまえば、そんな意識することなく節約した状態を続けられるというのがミソですね。

 まとめ

2017年から始めた投資の資金は、これまで貯金をしてきた400万円です。もともとの貯金目的は違いましたが、今となっては貯めておいてよかったなと本当に思います。無理することなく貯めてこれたのも固定費を削ったことが大きいと思います。みなさんも少しずつでもいいので固定費の削減を意識してみましょう。他にこんな節約をしているという方がいましたら、コメント下さい。色々共有してもっと賢く楽しくお金を貯めましょう。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

-貯金、節約

Copyright© 30代サラリーマンセミリタイアを目指すワクドキ奮闘記! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。